貯金目標は10年間で1000万円!

おもちゃのお金と子どもの手

自分が両親に大学へ行かせてもらった時の費用を考えると、まず年間100万円の学費が4年間で400万円、それに一人暮らしでの生活費が、年間120万円×4年間で合計900万円程度かかっていました。息子が出来たことで、その費用を貯めることが具体的な目標になり、小中高の学費は別にしても、しっかり「1000万円貯めて、大学での学費の心配はないようにしたい!」と強く思うようになりました。

まだ子供が幼稚園にも入っていないので、時間はたくさんあると思いがちですが、1000万円貯めようと思えば、月5万円の貯金でも16.6年かかるわけですから、「全く余裕なく、ほぼタイムリミットぴったり」であることがわかります。

また、私が40歳近くになってからの遅く出来た子なので、しっかり働ける期間も実は長く残されてはいないことにも気付かされます。定年が60歳だとしても20年間しか残っていないので、のんびりしている場合ではありません。そこで、今は後半に余裕ある生活を送るためにも倍速のスピードをめざして、月10万円をきちんと貯金するように計画し、実行している最中です。まずは1000万円を10年程度で貯めてしまうことに全力を注いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)