国民健康保険も確定申告時の控除対象になる!

年金手帳とお札

私は、アルバイトで生計を立てています。雇い主の会社からお給料をもらっているので、所得税は引かれますが、社会保険料(厚生年金、健康保険)は差し引かれていません。国民年金、国民健康保険は自分で市に納めています。確定申告も自分で行なっています。それまでは申告会場に直接出向き、税務署の方に入力をお願いしていました。まだ若かったこともあり、税金や控除のことなどよくわからなかったのです。でも、確定申告期間中は混んで待ち時間も長く、はっきりいって面倒臭い。

ある年からネットで確定申告ができるようになりました。e-TAXではありません。自分の家でパソコン、インターネットを使える環境が整ったのです。それで初めて自分で入力してみました。源泉徴収票や、控除の対象になる保険料の証明書などを用意して奮闘しました。確定申告書の入力欄に「国民健康保険」はありませんでした。私は、訝しく思いながらも「控除の対象にはならないのかな」と入力しませんでした。

申告会場で書類を提出すると、いつもは還付金が戻ってくるのに、その年は還付金がありませんでした。それどころか、新たに税金を納めなくてはいけない、ということになってしまいました。「そっかー去年は収入が多かったのかなー?」と税金を納めました。

国民健康保険が控除の対象になっているのを知ったのは、次の年の確定申告の時でした・・・。国民年金は控除の対象になるとはっきりわかるようになっています。が、国民健康保険は、あまり大々的に報じられていない気がします。還付金が戻ってくるはずが、逆に税金を多く払うことになってしまった・・・。なんだか、ものすごく損をした気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)