偶然拾った鳥の巣を持ち帰ったら、仕事が決まりました。

大風の後に木の下に、形が崩れていない綺麗な鳥の巣が落ちていました。鳥の羽も残っておらず、使い終わった巣のようだったので持ち帰る事にしました。鳥の巣は『ラッキーアイテム』と聞いた事が有ったので消毒した後、プラスチック容器に入れて飾る事にしたのです。

その頃私は求職中で、既に20社程断られ精神的にも辛い時期を過ごしていました。経済的にも厳しく、貯蓄を切り崩しながら生活している状態。

巣箱

ですが『鳥の巣』を見つけて約2週間後に、希望に近い仕事が決まったんです。きっと『鳥の巣』が幸運を運んでくれたんだと思います。それから『鳥の巣』を玄関の高い所に置き、大切にしました。

その1年後には希望にぴったりのマンションを購入出来たのも、『鳥の巣』の幸運では無いかと思っています。

と言うのも、マンションを見学し始めてわずか1ヶ月程で、場所・広さ・価格とも“これだ”と思える現在の自宅に巡り会えたのは、ただの偶然とは思えないからです。

それから6年経ち、最近また街路樹の下で『鳥の巣』を見つけました。今度の『鳥の巣』はススキで作られたフワフワの巣です。

初代の『鳥の巣』と新しい『鳥の巣』を並べて大切にしています。

また、幸運がやってくるのでは?と楽しみにしています。

妊娠による離職対策の貯金

現在婚約中の彼と同棲しています。お互い正社員として勤めていますが、わたしの会社は産休や育児休暇の前例がありません。「もしも妊娠した場合は退職を余儀なくされる」とふと不安になり、ちょうど30歳になった去年から本格的に貯金をはじめました。

現在31歳で、33~35歳までにはある程度貯蓄をもって妊娠することを望んでいます。妊娠出産後はしばらく彼の収入に頼ることになるため、これまでより多い額を貯金にまわすようになりました。目標は妊娠までに無理なく500万円貯めることです。

笑っている赤ちゃん500万円はいずれ東京近郊に戸建ての中古住宅を購入するために頭金にするつもりです。または、彼の会社から月々住宅手当がでるため、住居は賃貸のままで戸建て住宅は人に貸すことも検討しています。実家を出て彼と生活してみて、月々の住宅費がこんなにかかるということに驚いています。いちばん大きな固定費である家賃がかからないよう、老後までにいくつか投資用の物件を購入するつもりです。

都内でも安い物件はありますが安い物件はそれなりに安い理由があります。借地や地上権付きだったり、事故物件や築年数が経っていたり。安く購入できてもその後リフォーム代や思わぬ費用がかかることが予想される物件は要注意です。購入したものの人が借りてくれない、または借り手がついてもすぐに出て行ってしまうようでは困ります。

子育て世代に長く住んでもらえるような地域で、ある程度の広さがある物件がいいなと思いながら物件情報をみるのが習慣です。オリンピック招致でちょうど土地が値上がりしたところなので、3年後の値下がりの時期にいい物件が現れることを願いつつ、貯金に励んでいます。

手取り25万円のなかから月々15万円前後を貯金にまわしています。具体的には9万円を投資信託、お給料日に10万円を引き出しお小遣いにして余った現金を繰り越して使っています。

投資信託の内訳は国外REIT5万円と国内REIT3万円、先進国の国債1万円です。株や新興国への投資もしていましたがやはりマイナスになることがあるので元本割れのない比較的リスクの少ないものを選んで投資しています。

私の同級生はいまちょうど子育て期ですが、2人3人と出産できるひとは旦那さんが安定した職についていて余裕があるひとばかりです。それでも子供ができれば可愛いからできることはなんでもしてあげたくなるもので、かなりお金がかかるそうです。

急な病気、学費や親の介護など人生を重ねるほどお金がかかることばかりなのでしっかりと備えて準備をしてゆきたいです。

出費が続いて生活がピンチ

母と私の2人暮らしです。母の年金と私の障害年金で生活をしているのですが、今月のあたまに衝動買いで趣味のカメラを買ってしまい、そのせいで生活がピンチになっております。約7万円は使ったと思います。また母の誕生日も重なって、ちょっと奮発した洋服を買ってあげたので10万円以上の立て続けの出費になってしまいました。

赤いカメラとりあえず売れるのをオークションやリサイクルショップに売って何とか日々を過ごしています。かつてないピンチです。

昨年父が他界した頃から、元々持っていたうつ病も悪化し昨年末入院もしてしまいました。医師から抑鬱との診断もでており、今は自宅通院で療養中のため、働いて稼ぐこともできません。先月入った年金もほとんど使ってしまい生活費の捻出に苦労しています。

うつ状態が良くなれば就労支援で働きたく思ってますが、まだその段階には至っておりません。食費を削ったりして何とか生活してますが、食費を削るのにも限界があるので、他の部分も節約しなければなりません。

食器洗にお湯は使わず水で洗ったりお風呂の回数を減らしたり、買食いもせずできるだけお金を使わないようにしのいでいます。

来月15日に年金が入るので今回の事を繰り返さないようにして大切に年金を使います。

別れ話からまさかの金銭トラブルに!?

これは私が少し前に経験したお話なのですが

私は元々親と仲がすっごく良かったのですがあることがきっかけで勘当のような状態になってしまい家を出ることにしたのです。しかし私はまだ通信制の高校に通っていたので親権者の変わりが必要でした

頭を抱える女性そんな時に交際していた彼氏が見かねて一緒に住むなら面倒見てあげると言ってくれたのでお言葉に甘えて、家を出て彼のお家でお世話になることになりました。

その後順調にお付き合いしていて私もなんとか高校は卒業できたのですが私がアルバイトをしていたところのお客さんと仲良くなり、次第にその人に好意を寄せるようになり一緒に住んでいた彼よりも出会ってしまった新しい人と一緒にいたくって彼とは別れることを決意したのです。

彼には「今まで色々面倒を見てくれてありがとう。でもこのまま結婚とかも考えられないので別れてほしいです。」と伝えたところなんと彼は「じゃあ今までお前に使ったお金を全額返せ。そしたら別れる。」と言い出して別れてくれないのです。

しまいには「返せへんなら弁護士に相談する」なんて言い出してもう大喧嘩です。結局お金を返すことなく怖くなって逃げたのですがいまだにあらゆる手段を使ってお金を返せと訴えてきます。今は弁護士も絡むことなく大事にはなってないのですがさすがに精神的にしんどいです。

私が金運上昇中だと感じた出来事

私はもともと貧乏ではなく普通の生活ができる程度の収入を得てました。ギャンブル運がないくせにギャンブルも止められず、負け癖がついていて大負けしても悔しくなく懲りずにまた行くというのを繰り返してました。

お金のなる木のイラストそんな生活を10年以上繰り返してたのですが結婚、妊娠、出産があり今までのように好きな分だけお金を使えなくなり、時間も子育てに追われて制限されるようになりました。

そんな中、子供を産んでからが運気が上昇した気がしています。

子供やママ友との交流などで出費が増えましたが、毎月マイナスにならない程度に使ってました。産後半年ぐらい経った時ぐらいにフリマでいらなくなった物を売る事にハマり、だいたい月に1万円ぐらいは売り上げれるようになり毎月少しずつ安定してきました。

ギャンブルも月に1回程度行かせてもらえるのですが、ここ数ヶ月は勝ち続きです。たまにしか行けないのもありますが何も考えずに行く事が逆に良い気がします。

スクラッチくじも好きなので久しぶりにやってみたら5枚中4枚当たってびっくり。今まで当たった事がなかったのでこれはついていると思いました。

私はお金が大好きですが独身の時みたいにお金の事を常に気にしていたらお金は逃げていくのかもしれません。損得を考えずに使っていく方がちょっとした臨時収入が入ってくる気がすると私は思いました。

激安レシピ。魚の血合い部分が美味しいステーキに

スーパーで魚の血合い部分の切り出しがとても安く出ていました。もともと家族全員好き嫌いがなく、なぜか娘は魚の血合い部分を好むので、これは何かできる!と思い、迷わず購入しました。ちなみに値段は、10cm×20cm位のパックに満タンに入って150円です。

魚これを使って、簡単にマグロの血合いステーキを作ろうと決めました。
作り方は
①魚の切り身を食べやすい大きさに切る。
②塩コショウを少々ふる。
③しょう油 大さじ2とニンニク チューブ1センチくらいをよく混ぜてタレを作っておく。
④フライパンに油を引いて熱し、切り身を両面しっかりと焼く。
⑤焼きあがったら、③のタレを回し入れてよく絡める。
出来上がり。

これだけの簡単なレシピです。
ニンニクを入れる事で臭みが消えるので、血合い部分が苦手な人でも食べられると思います。和風で少し濃いめの味付けにしてあるので、ご飯がとても進みます。
ただ、全体的に黒いので見た目は悪いですが、盛り付けにレタスやプチトマトを添えるととても美味しく見えると思います。

こんなに安い物なのに「やったー!血合いのステーキだ!」と娘がとても喜んでくれるので、こんなに簡単でしかも安いのに…と私がやったー!と喜んでいます?

彼に冷房、扇風機の無駄遣いを辞めさせる方法!

私の彼は標準体重よりも大分重たい、いわゆるおデブさんのためとっても暑がりです。
最近ずいぶん涼しくなったとはいえ、まだまだ暑いときも多くリビング用やら脱衣所用やら扇風機をいくつも買ってきてフル稼動。

扇風機

1時間以上出かけるのに、帰ってきて暑いと嫌だからと冷房をガンガンにかけて外出。お風呂から出た時に暑いとまた汗をかくからと、お風呂に入っている間ずっと扇風機を回しっぱなし…などなど、私からしたらこれ以上の無駄遣いはないというレベルで暑さ対策をしています。

そんな彼の性格は私から見ると子どもらしいところが多く、普通に注意しても全く聞き入れません。
例えば、扇風機を回すのはお風呂を出てからでもいいんじゃない?と言うと、それからじゃ遅い、それにお前がテレビつけっぱなしにする方が無駄遣いだ!などと言って自分を正当化する始末…。

そういう子どもっぽい性格の彼に有効な方法は、「逆のことを言う、もしくは行う」ことです!ああ言えばこう言ってくる性格の人は、大抵相手の言うことを否定したいだけです。ですから、彼に冷房をつけさせたくない時は、

「今日は暑かったから昼間ずっと冷房かけちゃった!」
「暑いねー、冷房ガンガンにかけちゃおっか!」などと言うと、
「そんなのもったいない!窓を開ければ十分だよ!」
と向こうから言ってくる
ので、それもそうだね!と言って冷房を阻止します。

怒ったり注意しても全く聞かない彼なので、うちではいつもこの方法を使っています!

本当に高い教育費

家のローンが3000万残ってます。36歳です。
私立の幼稚園がここまで高いものだと思いませんでした。助成などがあっても月々4万近くの出費は結構なもので、それ以外に教育費だけで月10近くは払ってますね。

英語の本と子ども今から勉強に興味を示しておけば後から塾代などがかからないという、先行投資でもあるのですがなかなか大変です。本職とは別に副業をしている状態です。それでも月に3万も見込めないので切り詰めてしていくしかないですね。

極力作れるものは作るようにして、買わない、買ったものは必ず使い切る。ものは増やさないということを徹底して、出費を抑えています。
電力自由化で早くから電気代は見直したり、ガスもエコキュートを入れたりと少なからず、節約できるように心がけていました。
子供たちには欲しいものを買い与えることはしませんが、チャレンジしたいことはチャレンジさせてあげたいので、習い事なんかはやりたいって言ったものはほぼやらせています。ただ少しでも行きたくないそぶりを見せるとすぐさま止めます。
本人が行きたくないのに漫然と金を払い続けるのは苦痛でしかないですね。金払っているのに我が子は楽しそうではない光景を見たくないです。ただそういった時期を超えて、身についていくということもあるのかもしれませんが…。

夫が電気を必ず消すようになる方法

節約は大切なことですが、一人で頑張っても大きな効果はありません。やはり家族の協力が欠かせませんが、なかなか理解を得るのに悩んでいる人は多いですよね。

電球のイラスト私の場合はとにかく毎回言います、何度でも言います、細かく言います。毎日やっていないと電気を消す習慣なんてつかないものなので、指摘されると嫌な気分になるかもしれませんが何度も言います。ただできるだけ言い方は気を使っています。
夫はトイレや洗面台、部屋の電気や充電器をさしっぱなしつけっぱなしにしている事がよくあり、忘れていたらその都度私が消していましたが、毎日の事なので電気代ももったいないしイライラしてきたので言うようにしました。

家計のことは家族の問題なのに、なぜ私が夫の行った後を追いかけて電気を消さないといけないのか?なぜ私だけ頑張らないといけないのか?こんな小さなイライラがたまってきて他のことにも影響がでてきそうだったので。

夫は温厚な性格で、電気をこまめに消すという習慣がないだけで、悪気はありませんでした。電気ついてたよと言うと、あー忘れてたの一言ですが何度も何度も言ううちに消してくれる様になってきました。

電気代も塵も積もれば山となるで、電気代も細かく消すと年間でだいぶ節約になります。
トイレや洗面台、誰も使っていないのにつけっぱなしにしているのがもったいないです。そんな私達を子供達は見ているのです。
何度も言ってたら消してくれるようになりましたし、私も言い方を優しくする事で夫もイラッとせず消してくれるようになりました、たまにまた消し忘れはありますが、その時は電気消しておいたよ、と言うと、あ、忘れてたありがとうと言ってくれるようになりました。
怒らないで習慣づけるのが大事かなと思います。

初めて行った美容院で、予想外の金額にびっくり!

今春、大学入学を機会に、髪の毛をバッサリ切ることにしました。そこで、少し都会へ引っ越すこともあって、いつも行っていた安い美容院ではなくて、少しお高めの美容院へ行ってみることにしました。実際に行ってみると、とてもきれいで、広い店内で少し緊張しました(*^_^*)笑
今回は、カットとカラーをお願いしました。いつもとは違う若いイケイケ系の美容師さんに少し緊張しながら、初めはシャンプーしてもらいました。いい匂いのするシャンプーでとてもいい気分でした。
美容師の手「トリートメントしますか?」と聞かれたので、「お願いします。」と答えて、トリートメントしてもらいました。
そのあと、いよいよカットに入りました。私の長かった髪は、ばっさりと切られてみるみるうに、ショートヘアーになりました。そのあとに、カラーをしました。大学生デビューを狙って少し明るめの茶色にしました。薬品の匂いは少し苦手でした(^_^;)

全部の工程が終わった時に自分じゃないと思うくらい、以前とは印象が全然違いました。この仕上がりに私は大満足でした。
でも会計になったときに、衝撃で体が固まりました。予約していた金額よりも、5000円も多かったのです。事前にしらべなかった私が悪いのですが、トリートメント代とロングカット料金分が別料金だったみたいです。とてもびっくりしました。